恋愛を語るぜ!

初デートは対面テーブルよりもカウンター席がおすすめ!

こんにちは、あきみねです。

 

初デートにおいて「対面で座るよりもカウンター席で横並びで座れ!」という教えを耳にしたことのある人は少なくないでしょう。

 

僕もデート時はカウンター教の熱心な信者になるため、先日も女の子との初デートでちゃっかりカウンター席を予約。

店員に良いテーブル席が空席であるという理由で対面テーブル席に案内されそうになり、咄嗟にどうしてもカウンターが良いんだ!と伝えるほどの信仰ぶりです。ちなみに女の子は「は?」みたいな顔をしていました…

 

しかし、実際にカウンター席がデートに適しているのでしょうか? 適しているその理由を紹介します。

 

カウンター席のメリット

心理学的理由

心理学的に隣同士に座った男女は仲が深まるとされているそうです。

人間には心を許した親しい人しか入れないパーソナルスペースが存在します。カウンター席なら座るだけで自然にパーソナルスペース内に入ることができてしまうんです。

こんなに近くにいるなら親しい人に違いないって脳が錯覚するみたいです。

逆に対面だと本能的に相手のことを敵だと認識します。将棋やチェスも対戦相手とは対面の形式をとりますからね。

 

ちなみにカウンター席よりもお互いが斜めで座るのが1番親密度が増すらしいです。オシャレな店だと夜景を見ながらディナーを楽しめる斜めテーブルもありますね。

 

相手の目を見て話さなくても良い

僕もおっさんのくせに緊張しいなのでいきなり可愛い女の子の目を見て話すのはハードです。

カウンターだと相手が横にいるため、常に相手の目線に合わせて喋る必要はありません。これでかなり緊張を抑えることができます。

しかし、心理学的に相手の目を見て話す人の方が好感度が高いと言われてるので適度に相手の目を見た方が良いでしょう。

 

余談ですがこの前僕はカウンター席でずっと横目で女の子のおっぱいを見てました。しかし、運の悪いことに正面に鏡があっておっぱいをガン見していることがおそらくバレてました(死にたい)

とりあえずおっぱいを凝視するときは横断歩道を渡るときのようにしっかり周りを見ないと危険です。

 

話し方に抑揚をつけやすい

対面で座ると少し距離があるし、周りがうるさければ相手に聞こえるように少し大きめのトーンでしゃべる必要が出てきます。

大きい声でしゃべると少し必死さが出て気づかないうちに焦っていまったり、小さめの声でさらっと言った方が面白いセリフが言えません。

カウンターだと距離が近いので頑張らなくても声は届くので自然体で抑揚をつけてしゃべることができます。

 

話題が増える

店にもよりますが、シェフの調理する姿や店内に並んだお酒について話すことができます。お互いが視認できるものを話題にすることは、話題がなくなったとき等に非常に役立ちます。

ちなみにこの前カウンター席の前方が全面鏡の店にいきました。たまに鏡越しに目を合わしたりとちょいちょい遊べて楽しかったです。

 

ボディタッチしやすい

横にいるので対面よりは自然に相手に触れることができます。

これは別にチャラい人に向けて言っているのではありません。「オレは誠実だから関係ない!」って思っている方も大事です。

例えばですが、

女の子「あきみねくんの手綺麗だよね!」

ぼく「ありがとうやで!〇〇さんの手めっちゃ小さいよね。」

女の子「よく言われるわ〜 小人サイズやねん」

〜謎の間〜

女の子が手の平を出す。

ぼく「(これ手のサイズ比べるやつか!)」

お互いの手の平を合わせる。

 

ちょっと微妙な例ですが、こういう時に自分から手を差し出さないと「オレは下心のない誠実な男だから女の子に手は出さないぞ」みたいな童貞ぽさ出て嫌われる可能性があるのでシチュエーションによっては男から行くべきです。

その場の雰囲気に合わせて積極的になることも大事です。女の子に責任転嫁しないようにしましょう。

 

スマホの写真を見たりできる

隣だと色んなことをシェアしやすいです。話題に上がった写真を見たり、料理を取り分けたりかなり便利です。

写真を見たりすると自然と物理的距離も近くなるので親密度もさらに上がるかもしれません。

 

カウンター席のデメリット

知ってると警戒される

逆に相手が「カウンターだと親密度が増す」ということを知っている場合、執拗にカウンターに拘ると本気で口説こうとしにきてると思われ警戒される可能性があります。

カウンター席が狭いお店でテーブル席が空いてるのに無理矢理座ろうとするのはあまり良くないかも知れませんね。

 

荷物を置きにくい

荷物入れがない店でカウンター席に座ると荷物の置き場に困ります。スマートに店員さんに荷物を置けるものを持ってきてもらうのもいいかも知れませんが、どちらかが大きめの荷物を持っている場合はカウンターを避けた方が良いかも知れません。

 

まとめ

カウンター席のメリットはいかがでしたか?

ある程度親しい人とのデートなら対面でも良いかもしれないですが、これから親密度を上げたい相手とのデートならカウンターがオススメです。

しかし、これはあくまでもテクニックです。本質的に大事なのは自分の魅力なんです。

だからいくらカウンターで女の子と喋ろうが自分が成長してなかったら全くモテないので、みんな!自分磨き忘れんなよ!です。

ABOUT ME
あきみね
大阪で会社員をしている27歳。毎日牛乳を1リットル飲みます。 病気、生活、プログラミング、英会話、ジャズなどの雑記ブログです。