生活

オンライン飲み会が苦手!上手な断り方!

「オンライン飲み会しんどいなあ」

「また誘われたけど今日は家でゆっくりしたい、、、」

「zoom飲み断るのむずくない??」

 

という方、めっちゃわかります。

僕は外出自粛当初は楽しんでオンライン飲み会に参加していたんですが、

だんだん家というプライベート空間が侵されてる感じがしてきたし、オンライン飲み会は空気を読むの難しいなどの理由によって、断りたい気持ちが爆発してきました。

というか自宅のネット環境がひどくてスムーズなやりとりができないのでいい加減リアルで飲みたいです。

今回は参加したくないオンライン飲み会の断り方について紹介します。

ちなみにこの記事は、

「一緒に飲みたくない相手とのオンライン飲み会」の断り方ではなく、

「リアルでは一緒に飲みたいけどオンラインは嫌」というパターンの断り方なので各位、ご留意お願いします。

 

この記事がおすすめの人

  • オンライン飲み会が苦手だ
  • プライベート空間に侵入されたくない
  • 家族に話を聞かれたくない
オンライン飲み会のメリット・デメリットをまとめてみた 西暦2020年、人類はウイルスが蔓延する絶望の世界線に突入。 私たちは三密を避けるため、リアル飲み会を自粛せざるを得なくな...
あきみね
あきみね
オンライン飲み会についての記事もよろしければどうぞ

 

オンライン飲み会を断り辛い理由

 

「世界三大飲み会断り方」と言えば、

「体調不良」「予定がある」「金欠」

ですが、コロナ禍のオンライン飲み会では通用しにくいです。

まず「体調不良」は「コロナに感染した?」と疑われます。

「予定がある」は「自粛しないの?」と思われる。

「金欠」だとしても家ならば居酒屋よりも安く済むので少し苦しい理由…

 

オンライン飲み会は通常の断り方が中々使えないので多くの方が悩んでいます。

 

オススメの断り方

 

一人暮らしから家庭持ち、老若男女誰でも使えそうなものをピックアップしました。

 

腰が痛い

 

「腰が痛くて座れないから遠慮します!」

僕は腰痛持ちなのでよく使います。

流石に「腰痛」→「コロナ」と連想してくる人はいないでしょう…

 

腰痛だけで無くウイルス性以外の体調不良なら断る理由に使っても大丈夫なのでそれぞれ臨機応変に対応しましょう。

 

別のオンライン飲みがある

 

「ごめん!もう他のオンライン飲み会ブッキングしてるねん!!」

非常に汎用性が高いです。

「ごめん!その日別の友達の結婚式があるねん!!」

くらい使いやすいです(発想が同じ)

 

あとはSNS等でつじつまが合うようにしておけば特に問題ないですね。

 

「ごめん!ネットで知り合った友達(嘘)とオンライン飲み会があるねん…」

など、そもそも「架空の知り合いとのオンライン飲み会」ということにしておけばつじつまを合わせる必要もないのでオススメです。

 

家族の許可が下りない

 

「以前飲み会をして家族にうるさいと言われた」

家族などの同居人がいる場合は同居人を理由にしてもいいですね。

一応同居人には口裏を合わせてもらいましょう。普通にわかってもらえるはず。

 

隣人からクレームがあった

 

「以前オンライン飲み会をした時にクレームがあった」

これは一人暮らしの方だったら使えますね。

以前は飲み会に参加してたけど何回もやるうちにめんどくさくなったという人も使えそうです。

 

直接参加したくないと伝える

 

日本人は断るのが苦手な人が多いです。

何度かやんわり断って参加したくないことを察してもらう人は多いはず。

「あなたとは飲みたくないです」

とは言いづらいかもしれませんが、

「オンライン飲み会は苦手だから、コロナが収束したらリアルで飲もう!」

で、めんどくさいオンライン飲みは断ってしまえばいいです。

 

オンライン飲み会を断りたい理由は人それぞれですけど、素直にオンライン飲み会が嫌な理由を伝えてみてはいかがですか?

案外すんなり相手も理解してくれますし、スッキリするのでオススメです。

 

オンライン飲み会の途中退出方法

 

参加したけど途中でめんどくさくなった場合の退出理由です。

 

ネット回線の調子が悪い

 

「あ……、…ょう……な………てるの?」

みたいに途切れ途切れにしゃべったり、

耳を傾けるポーズをして聞き取れないアピールをしましょう。

そして、

「一旦退出するね」

「wifiの調子が悪いからまた今度ね」

と言ってフェードアウトしましょう。

あくまでも自然にやればバレません。

 

家族からクレーム

 

おもむろに画面からいなくなり、数分後に戻ってきて、

「ごめん、家族にうるさいって言われた。申し訳ないけど退出するわ」

完璧です。

 

隣人からクレーム

 

一人暮らしなら、YouTubeなどで「チャイム 玄関」などで検索して、

みんなに聞こえるよう再生、

「ピンポーーン!」

そして徐に立ち上がり、戻ってきて

「ごめん、隣の家の人にうるさいって言われた」

完璧です。

 

あまりオススメしない断り方

 

ネット回線の調子が悪い

 

「自宅のwifiが調子悪いから遠慮しとく!」

僕の自宅はリアルにwifiが死んでます。悲しい。

でもめちゃくちゃ仲の良い友達などのときは何とか家の繋がる場所を探して参加しています。

 

しかし、この断り方、

「wifiが調子悪くて…」

「スマホの回線つかえば?」

と言われれば論破されますし、

 

「wifiが調子悪くて…」

「でもAくんたちとはzoom飲みしてたよね?」

と言われたら詰みます。

 

そもそも全てのオンライン飲み会が苦手という人にはおすすめの断り方ですが、

単発での場合は少し苦しいかもしれません。

 

部屋が散らかっている

 

「ごめん部屋が散らかってて映せないから今回は遠慮します」

Skypeには背景をぼかす機能、

zoomには背景画像を設定する方法があるので、

「これ使えば大丈夫だよ!」

と言われれば絶対絶滅です。

 

そもそも壁の後ろに移動すれば済む話ですしね、、、

 

身だしなみを整えてない

 

女性なら「化粧をしてなくて、、、」

という言い訳は使えそうですが、

「カメラにエフェクトかければいいじゃん」

「カメラだし軽く化粧したらいけるいける!」

とか言われたら逃れにくいですね。

 

まとめ

 

今回はオンライン飲み会の断り方についてまとめてみました。

今までの常識が通用しないので時代に適応していかないといけませんね。

特に日本人は「和を重んじる」文化があるので、時代が進むごとに、さらに気を使うパターンが増えていくのかなぁと考えると

もういっそ、そんなの気にせずに生きようと思います。

 

コロナ禍で精神的にしんどい時期だと思いますが、ストレスを増やし過ぎないようにうまく対応していきましょう。

 

 

ABOUT ME
あきみね
大阪で会社員をしている27歳。毎日牛乳を1リットル飲みます。 病気、生活、プログラミング、英会話、ジャズなどの雑記ブログです。
関連記事